KANACO氏によるボイストレーニング個人レッスン 当スタジオも尊敬するトレーナーを師匠に持ち そのメソッドを受け継ぐとともに更なるブラッシュアップで進化し続ける
世田谷・小田急線「千歳船橋」駅のボイストレーニング教室
 
HOME ≫ トレーナー KANACO
 
ボイストレーナー
KANACO
ボイストレーニングを高校生から10年に渡り小島恵理氏に師事し、そのメソッドを習得する。17歳からはアーティスト活動を始め、これまでにソロ及びプロミュージシャンと共にバンドスタイルでのライブ活動、アルバムリリースを精力的にこなす。
ボイストレーニング講師 KANACO
私のレッスンは同師のメソッドを軸に、これまでの活動で得た経験も交え「心に響く歌」をモットーに取り組んでいきます。そして、私が学んできた「歌うことの楽しさ」「歌うことの意味」「音楽の深さ」も伝えていきたい。また、近年は自らダンスを学ぶことで、ダンスがもたらすリズムや表現を歌唱に活かすトレーニングにも力を入れている。
 
【 好きなアーティスト 】
Superfly 絢香 いきものがかり DREAMS COME TRUE Mr.Children 秦基博 少女時代 東方神起 Kiroro 槇原敬之
【 レッスン日 】  土曜日
【 料金 】 5,400円 / 1レッスン
     (高校生以下:4,320円)
レッスン内容の紹介
●呼吸&発声法を身に付け、歌声を出す感覚を掴む
ボイストレーニングに興味がある人なら一度は耳にしたことがある「腹式呼吸」は歌に大切な呼吸法です。まずは歌の上達に必須と言える、この呼吸法を身に付けましょう。歌う前のウォーミングアップの一つである「リップトリル」は、口の周りや表情筋を緩める等の効果があります。「放り出し」は響きのある声を感じやすい発声法です。腹式呼吸を使い、口の中のスペースを作り発声してみましょう。「スケール発声」はピッチの強化に繋がるとともに、声帯の柔軟性を身に付けることもできます。
●発声時の正しい姿勢を身に付け、身体・筋肉の使い方、口の開け方を習得する
身体は常にリラックスした状態にし、身体の軸を感じることが大事です。まずはその状態を作り、身体及び筋肉の使い方を身に付けることで、無駄な緊張感や力みのない、強く・深く・響きのある声を手に入れましょう。
●ダンスを取り入れたリズムトレーニングと歌唱表現への相乗効果
まずは、音楽に合わせて楽しく体を動かすことで自然とリズム感の強化に繋がります。そして、単純な音符上のリズムだけではなく、感覚的なリズム感やダイナミクスを掴むことで、歌唱表現の幅が一層向上するでしょう。また、普段のレッスンがステージでのパフォーマンス面でも活きてくるので、動きのないステージングでお困りの方も無理なく解消されるでしょう。
●実際の歌唱から自分に合った歌い方を見つける
自分にはどんな癖があるのか、どこのピッチが取りにくいポイントなのか、滑舌の苦手な部分はどこなのか等、自分の歌を知り矯正していきましょう。また、同じ曲であってもリズムの感じ方によっても歌い方は変わってきます。歌いにくい箇所があれば、どうすれば歌いやすくなるのか、ひとつひとつ一緒に解決していきましょう。個性を活かした素敵な歌が歌えるといいですね!